当社は1985年の設立以来、「安心・安全を第一に、お客様に満足頂ける熱転写ラベル(ポリマーク)の品質・サービスを通じて社会に貢献する」この経営の思いのもと事業を拡大して参りました。
昨年は創立34期目で、過去最高の売上20億円の大台を超えることが出来ました。これもひとえに我々の発展と成長を支えて頂いたお客様をはじめとするお取引先の皆様、地域の皆様、従業員の皆様とそのご家族の弛まぬ努力と協力の賜物であり深く感謝申し上げます。

2019年のキーワードは、「すべては、お客様のために」としました。
お客様があるから仕事があり、仕事があるから売上があり、売上があるから利益がある。
利益を生んでくれるのは、お客様以外にはありません。
お客様が転写ラベルに何を求めているのか?
お客様が当社に何を求めているのか?
それらを全社員がお客様視点で考え抜き、スピーディーに応え、チャレンジを続けて行きます。

また、昨年は経済産業省の地域未来牽引企業に選定して頂きました。とても光栄であるとともに、高い技術と知恵でモノづくり大国 福井の1社として努力していきたいと考えています。

今年もお客様から、好かれて・気に入られて・喜ばれて・忘れられないジャパンポリマークを、全社員一丸で作りあげて行きます。
どうか今年もジャパンポリマークを宜しくお願い致します。

2019年1月5日


ジャパンポリマーク株式会社

代表取締役社長

久保 浩章

 ISO9001認証取得

当社はお客様へ安心できる品質とサービスを継続的にお届けするため、2003年に品質の国際規格である品質マネージメントシステムISO9001認証を取得し、継続認証を得ております。

 研究開発

私たちはヨーロッパから吸収した技術をベースに、日々進歩、変化している市場ニーズに対応するため、新商品の研究開発、新製造技術の研究に努力してまいります。
また熱転写ラベルにおける転写作業の重要性を考慮し、より性能の高い転写機の開発に努めることでユーザーがより簡単に転写できるように、そして高度な転写加工へも対応できるよう転写技術の改善・確立を推進しております。
熱転写ラベルの可能性を広げ、国際的な品質、価格、納期の要求にタイムリーに対応できるマーキングのエクセレントカンパニーとして立ち止まることない飛躍を目指します。

 社会貢献

企業活動を通じ、社会参加に意欲のある障害者の方たちへの自立支援とその機会づくり、自治体が推進する雇用促進事業などに取り組んでおります。
また地域のスポーツ活動をサポートし健全な社会環境育成を支援しています。


Copyright(C) 2011 Japan Polymark Co.Ltd All Rights Reserved.