当社は1985年の設立以来、「安心・安全を第一に、お客様に満足頂ける熱転写マーク(ポリマーク)の品質・サービスを通じて社会に貢献する」この経営の思いのもと事業を拡大し、国内外有名スポーツアパレル・カジュアルアパレルのブランドマーク、大手企業用ユニフォームのロゴ、そして、自動車用サンバイザーの注意書きラベルで、接着性・堅牢度の基本性能に優れ、多くのお客様から信頼を頂き、ご愛顧頂いております。

昨年は工場スペースをこれまでの3倍に拡大し、生産設備の一部増設も行いました。
今年も新たな目標達成、また、新たなビジネス構築に向け、営業・技術開発・製造が一致団結して始動しました。

2018年、当社のキーワードは、『主体性を持って挑戦』です。(自ら考えて行動。)
チャレンジ!チャレンジ!!チャレンジ!!!失敗を恐れずに、常に前を向いて進んで行きます。

熱転写ラベルを印刷技術と、接着技術に分けて、それぞれをもっと広く深く考え、もっと美しい印刷技術、もっと驚きの接着技術を追求し、お客様に安心と楽しさを提供していきたいと考えています。

お客様から期待・安心される"良い仕事"を継続することが我々のミッション。良い仕事とは、世の中に役立つこと、お客様やパートナーに付加価値をもたらすこと。そして、社員ひとり一人の遣り甲斐や満足感・納得感につながるモノだと考えます。

今年もお客様から、好かれて・気に入られて・喜ばれて・忘れられないジャパンポリマークを、全社員一丸で作り上げて行きたいと考えています。
どうか今年もジャパンポリマークを宜しくお願い致します。


代表取締役社長

久保 浩章

 ISO9001認証取得

当社はお客様へ安心できる品質とサービスを継続的にお届けするため、2003年に品質の国際規格である品質マネージメントシステムISO9001認証を取得し、継続認証を得ております。

 研究開発

私たちはヨーロッパから吸収した技術をベースに、日々進歩、変化している市場ニーズに対応するため、新商品の研究開発、新製造技術の研究に努力してまいります。
また熱転写ラベルにおける転写作業の重要性を考慮し、より性能の高い転写機の開発に努めることでユーザーがより簡単に転写できるように、そして高度な転写加工へも対応できるよう転写技術の改善・確立を推進しております。
熱転写ラベルの可能性を広げ、国際的な品質、価格、納期の要求にタイムリーに対応できるマーキングのエクセレントカンパニーとして立ち止まることない飛躍を目指します。

 社会貢献

企業活動を通じ、社会参加に意欲のある障害者の方たちへの自立支援とその機会づくり、自治体が推進する雇用促進事業などに取り組んでおります。
また地域のスポーツ活動をサポートし健全な社会環境育成を支援しています。


Copyright(C) 2011 Japan Polymark Co.Ltd All Rights Reserved.