社名

ジャパンポリマーク株式会社

所在地

〒910-3607
福井県福井市清水杉谷町45号300番地【Google MAP
TEL:0776-98-2233 FAX:0776-98-3888

会社設立

1985年5月10日

資本金

6,000万円

代表者

代表取締役会長 池田次郎
代表取締役社長 久保浩章

取引銀行

三井住友銀行 福井支店
福井銀行 清水町支店

業種

熱転写ラベルの製造・販売
熱転写機器の製造・販売

関連会社

日本ダム株式会社
( HYPERLINK "http://www.nippondom.co.jp/v02/" )
ITWポリマーク・テクノグラフィック社(英国)
ITWエレクトロカル社(米国)


1950年

英国ポリマーク社が熱転写マーキングシステムを開発して、『ポリマークラベル』の製造販売を始める。

1985年

英国ポリマーク社と日本側2社の合弁により資本金4,500万円のジャパンポリマーク株式会社を設立する。
ポリマークラベル『Sタイプ』『タフタイプ』『ハーキュレスタイプ』『タイタンタイプ』の国内生産、販売を開始する。
出荷する全てのラベルを枚葉化する。(国内初)

1986年

世界で初めてポリエステルフィルムをキャリアとして採用した熱転写ラベルを生産する。
全ての競泳用水着メーカーにマークとして『Sタイプ』が採用される。

1987年

初めてスポーツウェア等の撥水布にマークとして使用される。
汎用大型プレス機『トランスジャンボ』を製造販売する。

1988年

2階建て工場を増築する。自動スクリーン印刷機を導入する。

1990年

耐強洗濯用『ハーキュレス2』ラベルを開発、生産を始める。 日本航空の整備服用マークに採用される。

1992年

バルセロナオリンピック日本選手団ユニフォームマークに採用される。
ユニフォームメッセ‘92ジャパンに出展する。
トヨタ『レクサス』のシートベルトコーションラベルに採用される。

1993年

Jリーググッズのマークに採用される。

1994年

資本金を6,000万円に増資する。

1995年

ユニフォームメッセ'95ジャパンに出展する。

1998年

1998FIFAワールドカップサッカー・フランス大会 日本代表チームユニフォームマークに採用される。
自動車エアバックコーションラベルとして採用される。

2000年

エコテックススタンダード100の認証を受ける。

2001年

ユニフォームメッセ2001(東京ビックサイト)に出展する。

2002年

2002FIFAワールドカップサッカー・日韓大会 日本代表チームユニフォームマークに採用される。

2003年

ISO9001/2000の認証取得。
小口マーク対応のためのCS事業部設置。

2006年

2006FIFAワールドカップサッカー・ドイツ大会 日本代表チームユニフォームマークに採用される。

2008年

シンガポールで開催されたJIAM展に出展する。

2010年

FIFAワールドカップサッカー・南アフリカ大会 日本代表チームユニフォームマークに採用される。

2011年

FIFA女子ワールドカップサッカー・ドイツ大会 日本代表(なでしこジャパン)チームユニフォームに採用される。

2012年

ロンドンオリンピック サッカー日本代表など各種競技用ユニフォームマークに採用される。

2013年

サイン&ディスプレイショー(東京ビッグサイト)に出展する。

2014年

FIFAワールドカップサッカー・ブラジル大会 日本代表チームユニフォームマークに採用される。

高機能素材展(東京ビッグサイト)に出展する。


Copyright(C) 2011 Japan Polymark Co.Ltd All Rights Reserved.